ソフトンハウス・トップへソフトンハウス・写真の旅へソフトンハウス・家族だワンにゃんへソフトンハウスTOP 
takiyato
BLOG HOME
Calendar
<<7月>>
.123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
Category
超音波洗浄機(4)
→リスト表示する
Archive
2024年03月 (1)
2023年10月 (1)
2023年09月 (2)
→リスト表示する
Parts
パーツはありません。
Latest Blog
jotf1967
7月18日(木)...
jotf1967
7月17日(水)...
jotf1967
7月16日(火)...
jotf1967
7月15日(月)海の日...
jotf1967
7月14日(日)...
jotf1967
7月13日(土)...
jotf1967
7月12日(金)7月12...
jotf1967
7月11日(木)...
jotf1967
7月10日(水)...
jotf1967
7月9日(火)...
jotf1967
7月8日(月)...
Messages
ハイテクノロジー搭載...
歯科根管長測定器の進化と...
矯正歯科治療の成否はイン...
【超音波洗浄機】 - 最...
→リスト表示する
[最新順表示]  1 件
 [リストを表示] 1頁3件 1/1(1件)
2023/09/25 15:09:57 プライベート♪
矯正歯科治療の成否はインフォームド・コンセントにかかっています
こうした事例を防ぎ、患者満足度の高い矯正歯科治療を実現するためには、歯科医師と患者さんの間で適切な「インフォームド・コンセント」が行われることが不可欠です。インフォームド・コンセントとは、医師が患者さんに治療の選択肢や治療計画について適切に説明し、患者さんが十分に理解した上で治療を受けることを指します。

矯正歯科治療を検討する際、歯科医師は患者さんに対して、マウスピース矯正、ワイヤー矯正、抜歯を伴う矯正治療などの治療法の利点と欠点を説明し、治療方法によって結果が異なることを理解させる必要があります。特にマウスピース矯正については、歯の移動に制約があるため、治療結果が変わりにくいことを患者さんに説明することが重要です。

一方で、矯正歯科治療を望む患者さんには、治療前に歯科医師の説明を十分に理解し、安全で効果的な治療方法や計画を確認してから治療に臨むことをおすすめします。

患者満足度の高い矯正歯科治療を実現するために

前述のような事例において、歯が前に出てきたという問題は、抜歯が必要なケースであったにもかかわらず、行われなかった可能性も考えられます。これは装置自体の問題ではなく、治療計画を提供した歯科医師に責任があるかもしれません。

私自身、特に側顔の改善を行う際に、下顎の前歯をどの程度後退させることが治療の鍵だと考えていますが、マウスピース矯正ではワイヤー矯正とは異なる結果が出ることがあることを説明しています。

日本臨床矯正歯科医会は、アライナー矯正に関するプレスセミナーを行い、その内容に基づいて「知ってほしい! 矯正歯科医が考えるアライナー治療の限界と本音」という記事を公開しています。歯科矯正治療を考えている方や、マウスピース型矯正装置による治療を検討している方々に、ぜひ参考にしていただきたいです。
https://www.shikasale.com/
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
画面TOPへ [最新順表示]  1 件
Profile
takiyato
性別
年齢
誕生
星座
Parts
パーツはありません。
Favorite
お気に入りはありません。
Parts
パーツはありません。
今日
今月
累計
掲載情報などの無断転用・転載を禁止します。著作権は 株式会社ソフトウエア開発 に属します。
本サイトに関するお問い合わせ、広告等の掲載依頼は ソフトンハウス運営チーム までご連絡ください。