ソフトンハウス・トップへソフトンハウス・写真の旅へソフトンハウス・家族だワンにゃんへソフトンハウスTOP 
cindy-yang
BLOG HOME
Calendar
<<6月>>
...1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
Category
ruijie クラウド(1)
ruijieクラウ(1)
SSID(1)
データセンター(2)
ルーター(1)
ワイファイ(1)
室内型無線アクセスポイント(1)
→リスト表示する
Archive
2022年05月 (2)
→リスト表示する
Parts
パーツはありません。
Latest Blog
ks1234
自分に合う整体院を見つけ...
kazu
アジサイ園作りました...
お疲れぷろぐらま
6月19日〜21日まで停...
tonton
2022年5月の動画関連...
tonton
ロシアの領土拡大の目的は...
tonton
コロナ各国一律給付金など...
tonton
3S政策からの脱却や対策...
tonton
我国及び各国の犯罪率の推...
ks1234
医師の指示による整体は医...
asobow
母→父の日 アンパンマン...
零の旅人
三浦海岸
Messages
ワイファイとは一体何か?...
クラウドの6つのメリット...
室内型無線アクセスポイン...
クラウドストレージ比較の...
データセンターの違いや選...
Wi-Fiの困った”を解...
データセンター選択のポイ...
Wi-Fiルーターの選び...
→リスト表示する
1 | 2 | 3 | 次ページ≫ [最終]
 [リストを表示] 1頁3件 1/3(8件)
2022/06/24 21:34:20 IT技術
ワイファイとは一体何か?
1.ワイファイとは?

ワイファイは、IEEE 802.11規格と呼ばれる複数の端末を無線通信にスムーズに接続できる統一された規格です。現在、ほとんどの通信端末にはこれがインストールされており、通信端末がこの基準を満たしていれば、スムーズに接続することができます。



現在、ワイファイを利用できる場所が増えており、市街地、駅、ファーストフード店、カフェ、レストラン、ホテルなどで利用できるようになっている。場所によってはパスワードが必要ですが、各場所でチェックして使用することができます。

***ruijie ワイファイはこちら***


2.ワイファイを使うメリット

ワイファイに接続するメリットは多い。家電製品を接続することで、遠隔操作や連携が可能になり、スマートフォンのトラフィックを消費することなく通信することができるのは素晴らしいです。旅先で接続しても安定した高速通信が可能です。



2.1複数の家電を接続し、ホームネットワークを構築する

現在、PC/プリンタ/カメラ/テレビ/ゲーム機/冷蔵庫など、ワイファイで接続できるデバイスの数が増加しています。家電製品をネットワークに接続することで、遠隔操作が可能となり、利便性が向上する。



2.2毎月のスマートフォンの請求書を節約!利益を容易にする

多くの携帯電話会社のスマートフォンには通信量の使用制限があり、制限を超えると追加料金が発生する。しかし、自宅や旅先でワイファイに接続することで、スマートフォンのトラフィックを消費することなく通信することができ、インターネットを大量に使用することができます。



2.3ネットワークケーブル接続がなく、通信が安定し、速度が速い

ケーブルなしでワイファイに接続でき、通信接続が安定しています。また、通信速度が速く、インターネットを快適に使用することができます。



2.4いつでもどこでもインターネットを楽しむ!

外出先でもワイファイを利用できる場所が増えているのが現状です。例えば、主要駅、カフェ、レストラン、公共施設、店舗などで、無料でワイファイに接続してインターネットを利用できる環境が広がっている。



3.ワイファイを使って何ができるか

最近では、ワイファイに接続できる機器の数は、通信機器だけでなく家電製品にも増加している。ネットワークに接続することで、生活がより便利になります。



洗濯/エアコン/照明を外から操作した方が快適

PCだけでなく、テレビでもオンラインビデオを見ることができます

冷蔵庫/炊飯器の賞味期限管理と最適な食べる時間を知る

スマートフォンから写真やドキュメントを印刷できます

リモコンでオンラインゲーム/オーディオを楽しむ

音楽だけでなく、スマートスピーカーを使った音声制御も可能
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2022/06/21 21:38:48 インターネット
クラウドの6つのメリットを詳しく解説します!
"クラウド導入の具体的なメリットを知りたい!クラウドは何を変えるの?」



デジタル化の進展に伴い、企業のクラウドコンピューティングの発展の勢いは強い。

内部でクラウドを紹介したい担当者も多いようですが、「実はクラウドの良さをよく知らない」という人も多いようです。



本文では、クラウドの6つのメリットをわかりやすく説明します。



1コストを削減

クラウド導入の利点の一つは、コストを削減しやすいことです。



クラウドシステムの導入により、サーバや週辺機器の購入コスト、システム構築などの初期コスト(資本投資)の必要性がなくなります。

また、実行サーバのメンテナンスコストと実行監視の人件費を削減し、メンテナンスコストを削減することもできます。



また、多くのクラウドサービスは使用量に応じて料金を支払い、使用状況に応じてコストが発生するため、必要以上の費用をかける必要はありません。



2運用管理不要

クラウドシステムの運用はサービスプロバイダ(*)が担当しているため、これまで会社が行っていた管理とメンテナンスが軽減され、ユーザーの負担を軽減することができます。



ローカル(内部オペレーティングシステム)の場合は、サーバを保守するための専門家が必要です。

安定性と安全性の確保など、メンテナンスシステムの負担は軽くありません。



クラウドでは、ソフトウェアのインストールとアプリケーションの更新作業は原則としてクラウドサービスプロバイダが行います。

データ管理やバックアップ作業が不要で、システムの運行管理負担を軽減します。



(*)ユーザー管理責任の範囲はクラウドサービスによって異なります。サービスの選択により、ユーザーが実行する構成ワークロードが、セキュリティとその他の役割の一部として決定されます。詳細については、ruijie クラウドを参照してください。



3時間またはどこでも使用可能

いつでもどこでも使用でき、これもクラウドを導入する大きな利点です。



PC、タブレット、スマートフォンなどの端末とインターネット環境さえあれば、アクセスでき、遠方の人と簡単に連携でき、作業効率を大幅に向上させることができます。



どこにいても、インターネットに接続できる場所で内部システムを使用してデータを共有することができ、リモートワークやリモートオフィスの普及を大幅に促進します。



4簡単なデータ共有

クラウドを導入することで、データ共有が容易になります。



どこにインターネット接続があっても、PC、スマートフォン、タブレットなどの様々なデバイスから1台のサーバにアクセスし、コンテンツやファイルを共有できます。



サービスによっては、コラボレーション編集などの作業もできます。

端末環境が違っても、クラウドサービスをサポートすれば問題ありません。



互換性を心配することなく快適に作業できるのがクラウドの大きな利点です。



5柔軟な拡張

クラウドの5つ目の利点は、容量が柔軟に拡張できることです。



容量(内部運用タイプ)をローカルに拡張する場合は、新しいHDDを追加したり、より大容量のサーバに移動したりするなど、高いコストと人手が必要です。



一方、クラウドでは、契約の詳細を変更するだけで容量を簡単に拡張できます。

もちろん、より多くの費用を支払う必要がありますが、そのコストはローカル拡張コストよりもはるかに低い可能性があります。

また、容量拡張が不要になった場合は、元の容量に戻すことができます。



クラウドの大きな魅力は、オンラインで契約の詳細を変更するだけで、容量を柔軟に拡張できることです。



6紹介が終わったら始められます

クラウドは完了したサービスを使用しているため、システムをインストールした直後に起動できます。

ビジネスの世界では、速度が最も重要なため、内部システム環境を迅速に構築できることが大きな利点です。



自分でシステムを開発すれば、使い始めるまでに数ヶ月かかるかもしれないので、この違いは大きいと言えます。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2022/06/16 21:13:26 インターネット
室内型無線アクセスポイントが必要ですか?
室内型無線アクセスポイントの外観を理解したので、実際に室内型無線アクセスポイントが必要な状況を見てみましょう。



まず、自宅にインターネット環境を構築する際に、「無線アクセスポイント」機能のみのデバイスを購入しなければならないことはほとんどないという結論に達しました。



なぜそうなったのか詳しく説明します。



1.無線LANルータはルータ機能をオフにすることができます!

無線アクセスポイントが基地局のようなものであることを説明しましたが、無線LANルータはルータ機能を追加した基地局です。



実際、無線LANルータは、ルータ機能をオフにすることで、アクセスポイント機能のみのモードで使用できます(APモード、メーカーによってはブリッジモードとも呼ばれます)。



つまり、室内型無線アクセスポイントが必要でも、無線LANルータを使用することができます。



実際に室内型無線アクセスポイント機能だけが必要な場合は、



有線インターネット環境とルータがすでにあります。

そこで無線環境を追加したいのですが

この場合は考えられます。



複数のルーターをインストールしてインターネットに接続すると、重複接続が麺倒になるので、原則としてホームネットワーク環境にはルーターが1台しかありません。



そのため、ルータをすでに持っている場合は、室内型無線アクセスポイントを追加するだけです。



しかし、前述のように、アクセスポイントモードで無線LANルータを使用するだけなので、無線アクセスポイントだけのデバイスを用意する必要はありません。



無線LANルータ本体の1つのスイッチでモードを簡単に切り替えることができ、追加の作業は必要ありません。



2.無線アクセスポイントを購入するデメリット

また、ルータがすでにあるためにあえて無線アクセスポイントを購入すると、以下のような欠点があります。



ルータとアクセスポイントは個別にインストールされているため、2つのデバイスがあり、占有スペースが大きい。

無線LANルータに比べて、単一の無線アクセスポイントを持つデバイスへの需要が少ないため、製品が少なく、価格が高い。

個別にインストールするよりも、ワイヤレスLANルータを購入してユニットに置くほうが、外観と構成が簡単になります。



無線LANルータの普及率は非常に高いため、製品の種類が多く、価格は2000円まで低い。



室内型無線アクセスポイントが必要な場合は、ほとんどの場合、ワイヤレスLANルータを購入する必要があります。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
画面TOPへ 1 | 2 | 3 | 次ページ≫ [最終]
Profile
cindy-yang
性別
年齢
誕生
星座
Parts
パーツはありません。
Favorite
お気に入りはありません。
Parts
パーツはありません。
今日
今月
累計
掲載情報などの無断転用・転載を禁止します。著作権は 株式会社ソフトウエア開発 に属します。
本サイトに関するお問い合わせ、広告等の掲載依頼は ソフトンハウス運営チーム までご連絡ください。