ソフトンハウス・トップへソフトンハウス・写真の旅へソフトンハウス・家族だワンにゃんへソフトンハウスTOP 
cindy-yang
BLOG HOME
Calendar
<<3月>>
.....12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
Category
ruijie クラウド(1)
ruijie ネットワークインフラ(1)
ruijieクラウ(1)
SSID(1)
データセンター(2)
ルーター(1)
ワイファイ(1)
室内型無線アクセスポイント(1)
→リスト表示する
Archive
2022年06月 (7)
2022年05月 (2)
→リスト表示する
Parts
パーツはありません。
Latest Blog
tonton
2024年2月の動画関連...
tonton
欧米の交通事情・その他飛...
tonton
スフィアハンドブック...
tonton
信じること疑うこと...
tonton
江戸時代の職業....
kazu
Macに来ました。...
kazu
あれ!
asobow
小さな絵本で 大きくな&...
tonton
2024年1月の動画化関...
tonton
好奇心の音楽への延長...
tonton
好奇心
Messages
ITに詳しくない人の多く...
ワイファイとは一体何か?...
クラウドの6つのメリット...
室内型無線アクセスポイン...
クラウドストレージ比較の...
データセンターの違いや選...
Wi-Fiの困った”を解...
データセンター選択のポイ...
Wi-Fiルーターの選び...
→リスト表示する
[新着順]  [最初] ≪前ページ 1 | 2 | 3 | 次ページ≫ [最終]
 [リストを表示] 1頁3件 2/3(7件)
2022/06/16 21:13:26 インターネット
室内型無線アクセスポイントが必要ですか?
室内型無線アクセスポイントの外観を理解したので、実際に室内型無線アクセスポイントが必要な状況を見てみましょう。



まず、自宅にインターネット環境を構築する際に、「無線アクセスポイント」機能のみのデバイスを購入しなければならないことはほとんどないという結論に達しました。



なぜそうなったのか詳しく説明します。



1.無線LANルータはルータ機能をオフにすることができます!

無線アクセスポイントが基地局のようなものであることを説明しましたが、無線LANルータはルータ機能を追加した基地局です。



実際、無線LANルータは、ルータ機能をオフにすることで、アクセスポイント機能のみのモードで使用できます(APモード、メーカーによってはブリッジモードとも呼ばれます)。



つまり、室内型無線アクセスポイントが必要でも、無線LANルータを使用することができます。



実際に室内型無線アクセスポイント機能だけが必要な場合は、



有線インターネット環境とルータがすでにあります。

そこで無線環境を追加したいのですが

この場合は考えられます。



複数のルーターをインストールしてインターネットに接続すると、重複接続が麺倒になるので、原則としてホームネットワーク環境にはルーターが1台しかありません。



そのため、ルータをすでに持っている場合は、室内型無線アクセスポイントを追加するだけです。



しかし、前述のように、アクセスポイントモードで無線LANルータを使用するだけなので、無線アクセスポイントだけのデバイスを用意する必要はありません。



無線LANルータ本体の1つのスイッチでモードを簡単に切り替えることができ、追加の作業は必要ありません。



2.無線アクセスポイントを購入するデメリット

また、ルータがすでにあるためにあえて無線アクセスポイントを購入すると、以下のような欠点があります。



ルータとアクセスポイントは個別にインストールされているため、2つのデバイスがあり、占有スペースが大きい。

無線LANルータに比べて、単一の無線アクセスポイントを持つデバイスへの需要が少ないため、製品が少なく、価格が高い。

個別にインストールするよりも、ワイヤレスLANルータを購入してユニットに置くほうが、外観と構成が簡単になります。



無線LANルータの普及率は非常に高いため、製品の種類が多く、価格は2000円まで低い。



室内型無線アクセスポイントが必要な場合は、ほとんどの場合、ワイヤレスLANルータを購入する必要があります。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2022/06/13 21:34:43 IT技術
クラウドストレージ比較のポイントについて
クラウドストレージは、インターネットにデータを保存し、いつでも表示して編集できるサービスです。多くの企業がクラウドストレージを提供していますが、企業ごとに異なる機能と特徴があります。本論文では、7つの典型的なクラウドストレージを選択し、6点を比較しました。クラウドストレージをお客様の会社に導入する際に、参考にしていただきたいと思います。

クラウドストレージを比較する際のポイント

各会社はインターネット上でクラウドストレージを提供し、それぞれ特色がある。比較のポイントは以下の通りです。

**ここはruijieクラウドを強くお勧めします!

1.ストレージ容量と価格

クラウドストレージの最も重要な性能は、ストレージ容量と価格です。特に、現在必要なサイズだけでなく、将来必要なサイズも考慮しなければなりません。同じクラウドストレージを使用しても、無償版と有料版ではストレージ容量が異なります。コンピュータに保存されているすべてのファイルをクラウドストレージに保存する場合は、大容量の有料ファイルを選択します。

2.ファイル共有/共有作業が可能

クラウドストレージに共有フォルダ機能がある場合、複数人で同じファイルを共有または処理できます。オンライン会議中など、複数の人が同じファイルを同時に編集できる場合は、作業効率がはるかに高くなります。

3.検索のスムーズさ

大容量クラウドストレージについては、どのファイルがどこにあるかを見つけるために検索機能のスムーズさも重要です。たとえば、特定の情報を含むファイルを探しているが、ファイル名が分からない場合、ファイルの全文検索機能があれば、必要なファイルを簡単に見つけることができます。

4.ファイルリカバリ(バージョン管理)

私はうっかりクラウドストレージのファイルを削除しました。あるいは、エラーが発生して編集した場合、ファイルリカバリ機能とバージョン製御機能があれば、削除したファイルをリカバリしたり、編集前の状態にリカバリすることができます。

特に、バージョン管理機能を持つクラウドストレージでは、この機能を使用して各ファイルの編集履歴を自動的に保存し、以前のバージョンに戻すことができます。うっかりファイルを変更した場合は、簡単に取り戻すことができます。

5.問題が発生した場合のサポート

クラウドストレージは1年365日、毎日24時間実行することが重要です。サポートシステムが所定の位置にあれば、念のため、ユーザーにとっては安全です。

Eメールサポートと電話サポートの2種類のサポートがあります。サポートを受けることができるのは、クラウドストレージのタイプと契約を締結する計画によって異なりますので、契約を締結する前によくチェックしてください。

6.セキュリティサポート

クラウドストレージはインターネット上のサービスであるため、私もセキュリティ対策に関心を持っています。万が一、クラウドストレージに保存されているファイルが流出したり、サイバー攻撃によって破壊されたりすると、会社に社会的損害を与える可能性があります。

クラウドストレージに必要な特定のセキュリティ機能は、ファイル闇号化や2ステップ認証などです。特に、セキュリティポリシーが厳しい企業がクラウドストレージを導入する場合は、まずセキュリティ対策を考慮しなければなりません。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2022/06/08 21:47:36 IT技術
データセンターの違いや選び方は?
一.データセンターとは

データセンターは、サーバやネットワークデバイスを正しく管理し、操作するための専用スペースとデバイスを備えた施設です。内部にサーバを設置してシステムを実行する「ローカル」に比べて、次の利点が予想されるため、長い間使用されています。

*ruijie データセンターの詳しい説明はこちら

1.メンテナンスと運用コストを削減

2.1年365日、1日24時間運行可能

3.電力供給と通信状態が安定している

4.高いセキュリティ、データ盗難防止など。

5。災害時のデータ破損/損失のリスクが低い

データセンターの使用は形式によって「住宅」と「ホスティング」の2種類に分けられます。本文は主に「住宅」を処理するデータセンターに注目している。

「住宅」とは、データセンターでスペースラックを借りて、そこに自分のサーバとネットワークデバイスを物理的にインストールし、自分で操作することです。ホスティングに比べて、現在内部で運営されているサーバは移転でき、配置は同じで、ネットワークケーブルを引くことができ、自由度が高いが、導入時間が長く、初期投資が必要である。


二.データセンターにはどのような違いがあり、どのように選択しますか?

まず、データセンターの「違い」についてお話しします。よく言われるのは「電力供給設備」、「インターネット回線」、「入口セキュリティ」、「サービスレベルプロトコル(SLA)」などですが、実際には一定の規模または豊富な経営成菓を持っています。ほとんど違いはありません。一方、「場所」と「提供するサービス(MSPを含む)」には明らかな違いがあります。

これを考慮して、データセンターの選択方法に関するガイダンスを提供する場合は、企業のデータセンターに対するニーズに応じて次のようなモードに分けることができます。

1.ハウジングだけを使用したい場合

この場合、会社が使用するサーバ/ネットワークデバイスをデータセンターに委任し、内部で実行を監視します。この場合、「位置」は重要なポイントです。一般的に、災害リスクの観点から見ると、本社から離れたほうがいいが、導入/更新、故障/復旧などの際にデータセンターにアクセスしなければならないため、交通の利便性はある程度考慮されている。やる必要がある。

2.監視を要求したいなら

これは、サーバやネットワークデバイスだけでなく、データセンターに監視の実行を要求する場合です。この場合、「ロケーション」だけでなく「提供するサービス(MSPを含む)」も重要なポイントです。普段の実行監視だけでなく、導入時や障害時の応答などのサービス範囲もデータセンターによって異なるため、「どのくらい応答しますか?」

3.住宅とIaaaSを同時に使用する場合

サーバのインストールと移行のほか、システムタイプによってはIaaSも考慮されています(すでに使用されています)。この場合、「住宅やIaaaSに必要なデータセンターは別の会社が運営できるのか」ということに関心があります。しかし、結論としては、重大な運営問題を引き起こすことはありません。しかし、故障すると処理の負担が増えるので、避けたいなら、同じ会社のサービスを使って、連絡先を統一したほうが安全です。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
画面TOPへ [新着順]  [最初] ≪前ページ 1 | 2 | 3 | 次ページ≫ [最終]
Profile
cindy-yang
性別
年齢
誕生
星座
Parts
パーツはありません。
Favorite
お気に入りはありません。
Parts
パーツはありません。
今日
今月
累計
掲載情報などの無断転用・転載を禁止します。著作権は 株式会社ソフトウエア開発 に属します。
本サイトに関するお問い合わせ、広告等の掲載依頼は ソフトンハウス運営チーム までご連絡ください。