ソフトンハウス・トップへソフトンハウス・写真の旅へソフトンハウス・家族だワンにゃんへソフトンハウスTOP 
cindy-yang
BLOG HOME
Calendar
<<5月>>
...1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
Category
ruijie クラウド(1)
ruijie ネットワークインフラ(1)
ruijieクラウ(1)
SSID(1)
データセンター(2)
ルーター(1)
ワイファイ(1)
室内型無線アクセスポイント(1)
→リスト表示する
Archive
2022年06月 (7)
2022年05月 (2)
→リスト表示する
Parts
パーツはありません。
Latest Blog
jotf1967
5月18日(土)...
jotf1967
5月17日(金)...
jotf1967
5月16日(木)...
jotf1967
5月15日(水)...
jotf1967
5月14日(火)...
jotf1967
5月13日(月)...
jotf1967
5月12日(日)...
jotf1967
5月11日(土)...
kazu
残る身体の財産。...
jotf1967
5月10日(金)...
jotf1967
5月9日(木)...
Messages
ITに詳しくない人の多く...
ワイファイとは一体何か?...
クラウドの6つのメリット...
室内型無線アクセスポイン...
クラウドストレージ比較の...
データセンターの違いや選...
Wi-Fiの困った”を解...
データセンター選択のポイ...
Wi-Fiルーターの選び...
→リスト表示する
[最新順表示]  2 件
 [リストを表示] 1頁3件 1/1(2件)
2022/05/27 12:30:53 IT技術
データセンター選択のポイント
データセンターを使用することには多くのメリットがあります。しかし、すべてのデータセンターが良いわけではありません。ここから、最適なデータセンターを選ぶポイントを説明します。

1.データセンターの位置

まず、重要な点は「位置」です。サーバがデータセンターに格納されていても、万が一の場合に備えてサーバを直接メンテナンスする必要があります。そのため、会社から遠すぎるデータセンターを使用すると、アクセスに時間とお金がかかります。

しかし、リモートデータセンターを使用した災害対策も有効です。例えば、関東で災害が発生しても、サーバを関西のデータセンターに格納することで、システムは安定して動作することができます。最も効菓的な方法は、近くのデータセンターを使用してリモートデータセンターでバックアップすることです。

ちなみに、上記のように、データセンターの詳細な住所は公開されていませんが、市役所が公開しています。近年、大雨によって洪水が破壊されたため、この場所の標高の高さも重要な要素である。

2.災害に備えるレベル

データセンターが「地震」、「火災」、「停電」、「洪水」に対応していることを確認します。

建物に免震/耐震構造があるかどうかは多くの人が知っていますが、他の災害対策をどのようにとるかも重要です。火災が発生した場合は、建物の構造と消火設備をチェックし、停電が発生した場合は、自家発電機またはUPS(無停電電源)があるかどうかをチェックします。また、建物の構造は洪水防止に重要ですが、この位置が大雨や津波によって破壊されないことも重要です。

3.物理的および情報セキュリティ対策

データセンターの利点の1つは「セキュリティ対策」ですが、強度は各データセンターによって異なります。情報セキュリティは非公開の場合が多いので、使用前にできるだけ多くのチェックをすることをお勧めします。

一方、物理的なセキュリティ情報を開示するのは、犯罪を抑止できるからです。データセンターの物理的セキュリティのポイントは次のとおりです。

●誰かが監視していますか?

●施設とサーバールームの入り口に認証システムがあるか

●サーバールームに窓がありませんか?

●施設の週りに監視カメラが設置されていますか?

このような措置を取っていることを確認します。

4.空いていますか?

驚くほど忘れやすいのは、データセンターの空きスペースラックをチェックすることです。現在、様々な操作がシステム化されているため、新しくシステムを導入したサーバはデータセンターに格納される可能性があります。

このとき、データセンターにすでに保存されているサーバ以外に空き領域がない場合は、別のデータセンターを使用する必要があります。言い換えれば、1つの企業は複数のデータセンターを使用します。

データセンターに空きスペースがある場合は、サーバを追加したり、新しいサーバをインストールしたりしても、データセンターに統合できます。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2022/05/23 12:25:25 IT技術
Wi-Fiルーターの選び方について
スマートフォンやタブレットでインターネットを利用する場合は「Wi-Fiルーター」が必要です。最近では、冷蔵庫やエアコンなどの家電製品に対してWi-Fi対応モデルが多く発表されています。また、Wi-Fiルーターを持っている場合は、自宅でWi-Fi環境を簡単に構築できることがポイントです。

そこで今回は、Wi-Fiルーターの選び方について詳しく説明します。参考にしてください。

一.Wi-Fiルーターとは?

Wi-Fiルーターは、「無線LANルーター」とも呼ばれ、インターネットをワイヤレスで使用できる便利なアイテムです。パソコンやテレビに接続することなくインターネットを無線で使用でき、ゲーム機やスマートフォンとの高速通信も可能です。

配線が不要なため、リビングやキッチンなど、どこでもインターネットに接続できるのが大きな利点です。その魅力の一つは、スマートフォン上のデータ通信量を心配する必要がないことです。固網通信を使用しているからです。

二.Wi-Fiルータを選択する方法

1.あなたの家の平麺図をチェックします。

Wi-Fiルータに必要な規格は、お宅の平麺図によって異なります。ワンルームマンションに住んでいる場合は、あまり心配する必要はありませんが、2階建ての独立した部屋や部屋数の多いマンションに住んでいる場合は、外付けアンテナを備えたモデルが電波を遠くに送ることができることをお勧めします。

また、メッシュWi-Fiをサポートしている場合は、3層など、より広い平麺図をシームレスにカバーできるため、便利です。

2.ユーザー数に応じて「同時接続数」を選択

ユーザーの数に応じて、一人一人が使用するデバイスの数を収容できるWi-Fiルーターのモデルを選択します。一人で複数のデバイス(スマートフォン、タブレット、パソコンなど)を使用することは珍しくありません。プリンタや家電などの共有デバイスを含む接続デバイスの数をチェックすることをお勧めします。

多くの製品は使用できる人数と接続できるユニット数の推定値を提供しているので、それらを参照してください。

3.通信規格の検査

通信規格は「IEEE 802.11◯」で表される。1997年に標準化された初代は「11」で、末尾に文字はありません。2013年に設立された第5世代「11 ac」の後、第6世代「11 ax」が普及し始めた。

性能は改善され、例えば世代の進歩に伴い通信速度が向上しました。「Wi-Fi 5」や「Wi-Fi 6」と呼ばれることがあります。

2つの周波数帯を検査する:Wi-Fi無線周波数は2種類、5 GHzと2.4 GHzがある。5 GHz帯の特徴は通信が安定し、高速で、他の機器に対して送信される電波幹渉が小さいことです。一方、2.4 GHz帯は壁などの障害物に対する抵抗力が強く、互換性のあるモデルが多いという特徴があります。

通信規格によっては、週波数帯と1つの週波数帯のみを同時に使用するモデルがありますので、購入時によくチェックしてください。

4.安全機能があれば安全です。

Wi-Fiルータを選択するときは、セキュリティ機能に注意してください。インターネットを安全に使用したい場合は、安全基準WPA 3をサポートするモデルをお勧めします。強力な保護機能を備え、不正アクセスから家庭Wi-Fiをしっかりと保護します。

安心してネット機器を添加しやすいので、スマート家電の使用を検討している人にもおすすめです。

5.コミュニケーションをより快適にする機能をチェック

「ビームフォーミング」は、離れた場所でも簡単に接続できます。

「ビームフォーミング」は、Wi-Fi電波に指向性を付与し、特定の方向/端末に向けて射出する機能です。互換機器を使うことで、Wi-Fiルーターから離れた場所でも、快適な通信を簡単に保つことができます。

もう一つは、beamformingがWi-Fiルータに接続された端末の位置を検出し、最適な電波を送信する機能を持っていることです。Wi-Fiの安定性を強調したい場合は、チェックしてください。

通信速度の低下を防ぐ「MU-MIMO」

従来のWi-Fiルータは異なる時間に各端末に接続されているため、待ち行列によって通信速度が低下しています。しかし、MU-MIMOの特徴は、複数のデバイスと同時に通信できることです。複数のデバイスを同時に使用したいユーザーは、通信速度を維持しながら安定した接続を実現できるため、この機能を使用することをお勧めします。

デバイスはMU-MIMOもサポートしなければならないことを覚えておいてください。

ネットワークの輻輳を回避できる「IPv 6」

IPv 6はIPv 4に続く新しいインターネットプロトコル標準です。多くのユーザーを持つIPv 4とは異なるルーティングでインターネットに接続されているため、混雑を避ける特徴があります。回線が忙しい夜でも、インターネットを快適に使うことができます。

また、割り当てることができるIPアドレスの数が非常に多く、ユビキタスネットワークをサポートしやすい。

6.「ワンタッチ接続機能」、設定が便利

Wi-Fi接続を使用する場合、通常は端末側から出力される電波名「SSID」を選択し、接続パスワード「闇号化キー」を入力します。製品に「ワンタッチ接続機能」があれば、ボタンをタップするだけで接続でき、入力作業の手間を省くことができます。

ポイントは、1つのキー接続機能を使用することで、大量のビット数の闇号化キーの入力を省略できることです。初心者や複雑な操作が苦手な人におすすめです。

7、「引っ越し機能」があり、購入と交換が便利です。

新しいWi-Fiルーターを購入するときは、「モバイル機能」があるのが便利です。WPS(Wi-Fi Protected Setup)を使用して、ワイヤレス設定情報の便利な機能を継承します。ボタンを押すだけなので、初心者でも簡単に設定できます。

もう一つの便利な点は、デバイス側に設定する必要がないことです
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
画面TOPへ [最新順表示]  2 件
Profile
cindy-yang
性別
年齢
誕生
星座
Parts
パーツはありません。
Favorite
お気に入りはありません。
Parts
パーツはありません。
今日
今月
累計
掲載情報などの無断転用・転載を禁止します。著作権は 株式会社ソフトウエア開発 に属します。
本サイトに関するお問い合わせ、広告等の掲載依頼は ソフトンハウス運営チーム までご連絡ください。