ソフトンハウス・トップへ
お疲れぷろぐらま
ソフトンハウス製作日記
ソフトンハウスや日々のことを書いています。
ソフトンハウス
サーバー構築・システム開発
コンサル業務を受託しています。
ご興味のある方はお疲れぷろぐらま
までお気軽にご相談ください。
Calendar
<<10月>>
....123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Blog Parts
にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ
blogram投票ボタン
Messages
仮想世界をつくりたい...
仮想世界
ストレンジレッド...
宇宙は誰が作ったのか...
核融合と月
隣国にとっての約束とは...
月見バーガーと食欲の秋...
5G
Team Foundat...
SQL Serverフル...
東日本大震災から6年・3...
リスティング広告について...
Windows Serv...
WSUS 4.0...
東京オリンピック 202...
iSPP被災地スタディツ...
Windows 8 イン...
環境構築エンジニアを劣化...
Windows Serv...
Windows Serv...
→リスト表示する
Latest Blog
sano3661
急に
sano3661
朝・晩が
asobow
孫の日に アンパンマン!...
tonton
最近の動画関連について...
tonton
量子コンピュータについて...
tonton
音楽や文化に関する雑感、...
tonton
缶詰その他の種類について...
tonton
アイデアグッズに関するこ...
[最新順表示]  1 件
 [リストを表示] 1頁5件 1/1(1件)
2009/02/06 19:30:17 Windows
Windows Server
OracleとWindows Server 2003
最近少し係る機会があり、少しばかり調べたのですが、

Windows Server 2003 は32ビット版でも、
マザーボードや購入可能メモリの制限はあるものの、
4Gや8Gといったメモリを追加して稼働できるのですが、
Oracle 10gは3G制限があるのですね。

オプション設定で領域を増やせるのですが、
キャッシュバッファ機能として利用できるもので、
Oracleのサービスが内部処理用として利用できるものではないようです。

キャッシュバッファはどのような処理を行うかによって
効果がかなり違いますから、微妙ですよね。

最近は32ビットでも64ビットでも搭載可能なマザーボードが主流ですが、
64ビットにした場合、アプリケーションが限定されるため、
まだまだサーバとしての利用が多いようです。

しかしまあ、意外な処にOracleの落とし穴が…

なかなか優秀なDBなだけに、残念です。

まあ、既に主流は64ビットサーバなので、
そこに不満を言うのは時代遅れのような気もします。

男は黙って64ビット・・・なのかもしれませんね。
(エンジニアが男性とは限りませんけどw)

↓暇な方はぜひ押してください。
にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
画面TOPへ [最新順表示]  1 件
Profile
お疲れぷろぐらま
性別男性
年齢55歳
誕生7月中旬
星座かに座
血液B型
身長173cm
体型がっちり型
職業プログラマ
地域宮城県
性格温厚
趣味写真・ドライブ
チャームつぶらなひとみ?
長所のんびり
短所白黒はっきり
特技プログラム作り
自己紹介
ソフトンハウスの制作をしています。
Category
ITコンサルタント(64)
Windows 7(17)
Windows Server(58)
アフリエイト・SEO対策(8)
おしゃれ(2)
ぐるめ(2)
なし(10)
宇宙のお話(38)
景気を良くしよう。(17)
構築プロジェクト(3)
雑談(158)
製作日記(128)
東日本大震災(19)
→リスト表示する
Favorite
はぶりんブログ
ティップの大冒険
デェ〜王
ROSE HEART
ソフトンハウス
Archive
2020年07月 (5)
2019年09月 (3)
→リスト表示する
今日
今月
累計
掲載情報などの無断転用・転載を禁止します。著作権は 株式会社ソフトウエア開発 に属します。
本サイトに関するお問い合わせ、広告等の掲載依頼は ソフトンハウス運営チーム までご連絡ください。